MENU
保証と30年間のアフタメンテナンス
公的機関の保証はもちろん、
長く住み続けていただくために
必要な、建物の定期点検や補修の
ご提案など30年の長期にわたり
計画していく安心のアフター
メンテナンス体制です。
高断熱住宅・最良住宅のこだわり
高性能な断熱材を使用する
ことで改省エネルギー基準の
最高等級をクリアしています。
建物内の熱損失が少ないため、
冷房や暖房の運転も抑えられ
省エネルギーの向上にも
つながります。
耐震等級3を標準とする地震に強い家
カーサスは構造基準の
最高等級である耐震等級3
標準化。これは、建築基準法の
1.5倍の耐震性であり
防災拠点レベルに相当して
おり、高い耐震性と高い強度を
実現します。

耐震性・耐久性・構造

構造基準の最高等級である「耐震等級3」を標準化しており、建築基準法の1.5倍の耐震性となっています。これは災害時の防災拠点レベルに相当しており、綿密な構造計算された高強度な構造体を実現しています。構造体を支える基礎は、安定性のあるべた基礎を採用し、より耐震性を高めています。また、大事な土台となく木材には、防蟻(しろあり)対策として、劣化対策等級として「最高等級3」をクリアしている薬剤防蟻処理を標準化し、徹底した対策を行ってます。
耐震等級3を標準とする地震に強い家
構造計算とは
家の規模や階数にかかわらず、安全・強さを確認するために下記チェックポイントを、構造計算によって確認していきます。
鉛直荷重
重さに耐えうるか
風荷重
強風に耐えうるか
地震荷重
地震に耐えうるか
階間荷重
変形に耐えうるか
偏心率
ねじれやすくないか
剛性率
建物上下のバランス

高断熱住宅で快適な暮らし

高い断熱性能を保持することにより、建物内の熱損失が抑えられ、省エネルギー効果も期待できます。また、室内は温度差が少なくなるため健康面でも効果的です。
高断熱住宅・最良住宅のこだわり

『省エネルギー対策等級』の最高等級『4』を標準化

カーサスの性能は、省エネルギー対策等級の「最高等級4」を標準化しています。外気の温度に影響されやすい開口部のサッシには、断熱性能と遮熱性に優れたLow-Eの複層ガラスを標準採用し、また、高性能断熱材、又は、密閉性の高い吹付断熱材の採用で、冬は温められた内部の熱を逃がさない、夏は外部からの暑さの影響も小さいことにより、快適な住空間を提供します。熱損失も少ないため、冷暖房の運転も抑えられ省エネルギーの向上にもつながります。

『維持管理対策等級』の最高等級『3』を標準化

カーサスは、維持管理対策等級の「最高等級3」を標準化しています。何よりも大事な基礎は、耐震性と耐久性に優れた「べた基礎」を採用し、基礎の立ち上がりにも基礎断熱を施工します。そのため、床下部分にも室内空間に近い温度環境が確保され、建物全体としての省エネルギーにも期待できます。また、1年を通して安定的な温度を保てる床下空間のため、配管の凍結を防ぐこともでき、また、点検もしやすくメンテナンスも容易に行うことができます。

安心保証・30年の長期メンテナンス

カーサスは創業57年の株式会社 北村土地のスタッフがサポートします。
お引き渡しで終わりではなくずっと長く住み続けていただくために保険・保証・検査・メンテナンスを
充実させております。小さなことでもお気軽にご相談くださいませ。
保証と30年間のアフタメンテナンス

建物 住宅瑕疵保険 10年保証

住宅瑕疵担保保険とは、万が一の住宅の品質の問題での事故に対して補修の費用や調査の費用などを保証をする保険です。保険の対象となるのは、「構造耐力上主要な部分」と「雨水の侵入を防止する部分」に対して不具合が出た場合となります。カーサスでは、10年間の瑕疵担保責任保証に対応しています。

地盤の品質 10年保証

地盤の土の種類をより正確に判断し、的確な地盤評価を支援するための新しい試験法SDS®[スクリュードライバーサウンディング]試験で土質のデータを確認。正確な調査データをもとに、地形図等の多角的データと膨大な過去データによって客観的で精度の高い解析を行います。高度な調査・解析力に基づいて不同沈下しないという安心を提供する地盤の品質保証。万が一の事故の時も万全な対応をいたします。

住宅瑕疵保険
-10年保証-

株式会社日本住宅保証検査機構(JIO)による
住宅瑕疵保険(10年)保証。

地盤品質保証
-10年保証-

ジャパンホームシールド株式会社の
地盤品質保証(10年)。

アフター
メンテナンス
30年の長期
メンテナンス計画

良質な住宅に長く住み続けられるよう定期的な点検及び補修を自社の建築
設計部により計画的(長期優良住宅の維持保全計画書のとおり)にサポー
トさせて頂きます。
pagetop